キャベツを生でむしゃ
むしゃ食べれますか?

キャベツは、油を加えて
炒める食べてはダメです。

生でむしゃむしゃ食べる
ことをおすすめします。
低カロリーで食物繊維
がたくさんとれます。

キャベツのいいことを考えて
みましょう。

1.キャベツはみんな好き
2.食べ方がいろいろ
3.安くて経済的

キャベツが嫌いな人は
いないでしょう。

食感と、くせのない味、
生で食べても美味しい
キャベツは、野菜の
王様です。

いろいろな調味料とあう
のもキャベツの特長です。

ソース、マヨネーズ、
ドレッシング、醤油、
自分は醤油をかけて
漬物感覚で食べるのが
好きです。

1玉198円安さも最高です。
1週間で2玉食べても月々
2,000円以下です。

このキャベツを使った
ダイエットですが、
簡単に言うと「生で
むしゃむしゃ食べる」
です。

このダイエット法では
短期間で10㎏、20㎏も
痩せた人も多く、
自分の友人も最大に痩せた
人は、このキャベツでした。

キャベツの最大の効能は
食物繊維が多いことです。

さらに100gあたり20
カロリーとほとんど
食べていないに等しい
食材です。

キャベツに含まれる
水溶性食物繊維は、
小腸で糖質などの
栄養素の吸収を抑えます。

また有害物質を吸着し、
体外へ排せつする効果が
あります。

腸内環境を整える効果、
簡単に言うとお腹を
脹らませて満腹感を
感じ、便通がよくなります。

でも、キャベツより食物繊維
のある野菜は他にもあるよね
という方もいると思います。

実際にキャベツより食物繊維
の多い野菜はたくさんあります。
ゴボウや大根、ニンジンなどの
根野菜はキャベツよりも
食物繊維が豊富です。

また、葉野菜の中でも
モロヘイヤやホウレン草などは、
キャベツよりも食物繊維が豊富です。

でも「生でむしゃむしゃ」
できますか?

「生でむしゃむしゃ」の
メリットは、食べる前、
食べた時、食べた後で
いろいろあります。

<前>見た目の多さで満腹感
<中>歯応えによる満腹感
<後>食べた後の満腹感

キャベツダイエットの
やり方のポイントを
いくつかご説明します。

まず、毎日食べるために
基本的に夜に食べます。

夕食の前に生キャベツ
だけを食べて、その後
水分をとります。
ビールでもOKです。

少し時間をおいてから
ご飯を食べ始めます。

こうするとキャベツを
お腹にいれたうえで、
自分の食べる量が調節
でき、結果として、
量も減ります。

注意したいのは、
他のおかずと並べて
一緒に食べないことです。

食前の前菜と考えて、
生キャベツだけを
むしゃむしゃ食べましょう。

食べにくければ、せん切り
でも大丈夫です。

何をかけてもOKですが、
できる限りカロリーの
低いもの、ポン酢が
最適です。

でも毎日変化をつけて
楽しむことをおすすめ
します。

どうでしょうか。
キャベツが、ダイエットの
救世主に見えてきませんか?

あなたも今日から「生で
むしゃむしゃ」して、
ダイナミックにダイエット
で結果を残しましょう。