ダイエットで大切な食生活。
シンプルな取組が一番です。

ダイエットで食事制限にいろいろ
取り組んでみても長続きしない。

長続きしないと万年デブの人生から
脱却できません。

そんな人におすすめなのが取組を
シンプル化することです。

取組が簡単でないと、結局長続き
せず、また三日坊主のダイエットで
デブデブ生活の苦しみが待ってます。

最も簡単な食生活の取組は
ズバリ「水を飲むこと」
それだけです。

ここでのお水は、ダイエットに
向けたまさに「金の水」です。

ダイエットの味方として、有難く
そのお水をいただいてみましょう。

それでは水を飲むとなぜ痩せるので
しょうか。

いつもより意識して水分を多くとる
ことで「満腹感」が得られます。

「満腹感」によって「食事」の
食べ過ぎを防げます。

また、便秘がちな人は、水分を
しっかりとることで事前と便秘が
解消します。

もう少し詳しく、具体的な取組を
ご紹介します。

朝起きたときや食事中、食間など
こまめに水分を取ります。

食事に汁物を添えたり、飲み物を
飲みながら食べたり、水分の多い
野菜を副菜に取り入れることで
水分摂取量をあげる工夫をします。

飲み物としての水分はお水でもお茶
でもいいのですが、一つだけの注意
として甘い飲み物だけは避けましょう。

無糖のノンカフェイン系のお茶や
ミネラルウォーターがおすすめです。

ちなみに、硬水、軟水、炭酸水の
どれが良いかに関しては、好みで
選んでOKです。

どれが一番痩せる、ということは
ありません。

炭酸水は、リフレッシュができたり
一時的に胃を膨らませるので、食欲を
おさえることも期待できます。

肝心の飲む量ですが、一般的には、
1日あたり2.5ℓと言われます。

ただ、水分をたっぷり含んだ食事を
意識することで、1ℓは、とれるので
1.5ℓを意識してください。

必要な水分は、本来、体重や年齢に
よっても違うので、以下を参考にして
毎日飲む量を決めればよいです。

年齢別の必要水分量の目安(男女共通)

25歳〜54歳:1kgあたり35mL/日
55歳〜64歳:1kgあたり30mL/日
65歳〜:1kgあたり25mL/日
(例)50歳、体重70kgの人の場合
=2,450mL/日

さあ、あなたも今日からお水を飲んで
最も簡単なダイエットに取り組んで
みませんか?

しっかり水分をとることで、
満腹感を早めに感じつつ便秘も脱却し、
無理なく健康的に痩せていきましょう。